ホーム » 店長ブログ

店長ブログ

2週間ぶりの更新かぁ

2010年 05月 31日

10日以上もほったらかしってのはよくないなぁ、もっとマメに更新しないと。

家にネット環境がないのが原因なのだけども、ネット引こうと思ったら2年は契約解除できないとか言われて、そうこうするうちにi padなるものが発売されたりなんかして、ありゃもう時代を変えるんじゃねーか?とか思うのでネットなんかも繋げないわけで。

i padが今の携帯電話くらい普及するまでさほど時間を必要としないだろうけども、おそらくあと10年もすればランドセルもなくなって学校にはi padだけ持っていけばいいという風になってて、ひょっとすると100年後にはみんな英語で話してるかもしれないな。

ちょっと恐い。恐いけどもこれまでだってそういうもんだったはずだもんな。

変化は恐れちゃいかんのですよ。

 

 

先日のライブはすごかった。天神らへんで行われたコピバン大会にBOOWYの布袋役で出演したんだけども、200人が盛り上がるイベントとなったわけで。あぁいうのはやみつきになる。

しかしそこをいつまでも引きずるわけにもいかず、次は自分のバンドをしっかりとやることにする。

柳川のナイスな古着屋BOONIEShttp://boonies.ocnk.net/のマスターであるヒカルと一緒に2人でやる。

ドラムとギターだけで多くの人を納得させるような音を目指すつもりやけども、一体どういう音になるのか見当もつかないのれす。

こういうのはびびるけどもわくわくもするもので。

コピーバンドではなく今度は俺らの自力でのパフォーマンスで200人を盛り上がらせたいなと思うのである。

 

頑張るぞっ!!!

皆さんも頑張っちゃえばいいじゃない!!

人生、苦あれば楽あり

2010年 05月 19日

そういうふうに言われるけども、自ら望んで苦労する人なんているのか?

「楽」を求めて行動する時に、目の前にあるのはまず「苦」であり、それを乗り越えているというだけのことなんではないか?と思うのです。

「楽」だけを求めることは悪いことではないと思うんですよ。

「楽」に達する段階で仕方なく「苦」を共にする、当然のことであり、ただそれだけのこと。

 

俺は24歳までテレテレとバンドやってて、当時のバイト先だったこの店の社長から後釜にならないかとの話が舞い込んで来て、それを飲んで今の生活がある。はっきり言ってかなり幸運だと思う。

しばらくして、親友だと思っていた男と酒を飲んでいる時に「お前はもっと苦労してほしい」と言われた。

700円で入荷したメガネを3万円で売るという仕事を仕方なくしていたその男を見て、何だか申し訳ない気分に一瞬なったが、今考えるとそれは単なるひがみでしかなかったんだなと思う。

「楽」ばかりを追ってもいいじゃないか。

「楽」を見据えての「苦」こそ意味があると思うけど、ただ単なる「苦」なんてものはいらんと思う。

就職もそうで、なんとなくせんといけんけんする就職の向こうには「楽」があるんだろうか、と思う。

 

ただ単なる「苦」なんてものはいらんと思う。

便利な生活

2010年 05月 14日

友人から60万円もする自転車を借りて通勤してみた。

起伏の豊富な4kmの道のり。

 

ダルイ。

 

帰りがダルイ。

 

60万もする自転車やから真剣に乗らんといかん!と思って真剣に乗る。

 

真剣にダルイ。

 

15年前の若かりし頃は毎朝6時半から10km離れた高校まで通ってたのになぁ。

 

 

パソコンで何でもできちゃうこの時代。

便利に慣れるってのは危険なことかもしれないなと、頭の片隅に置いておこうと思ふ。

俺ってやつぁ

2010年 05月 12日

アトピー持ちで。

困ってたら先輩が「どくだみなんてのもいいんじゃないのか?」とメールをくれたので、そっこーネットで調べて、どくだみ100%ジュースを購入。

半年分で16200円。

 

次の日にパートのおばちゃんに話すと「どくだみは店の前の花壇にも生えてるやん」と言われ、

は、どこどこ?と見に行くと、

先週バイトの子に花壇の草むしりしてもらって、またこいつが完膚なきまでに草をむしり取ってしまっているのだ。

 

そこに生えてるとすら知らなかったどくだみ。

見に行くと一本残らずむしりとってあったどくだみ。

 

俺こういうとこある~。

順序→回転

2010年 05月 11日

今日はバンドの練習でした。ボウイのコピーバンドやけど。

半年間、選んだ7曲をずーっと練習してきて、んで今月の25日に天神のコピバン大会でそれを披露する。皆さん是非ともおいでください。場所なんかわかんない人はいでに電話してくれちゃってかまわんスよww

 

まlそれはそれとして。

半年間も7曲だけを繰り返し練習するもんやけんそりゃ少しは飽きる。ギターソロで遊んでみたくなる。

んで当たり前のことがようやくわかった。

俺は普段ジャズとかそういうアドリブ演奏で構成されるような音楽をよく聞くので、アドリブでギターソロ弾けんといかんって思ってて。

やけんいきなりアドリブで弾こうとするけど、もちろん下手くそなわけで。

 

決まったソロフレーズを何回も何回も飽きるまで弾いて、そこから少しずつ崩していくってのは賢明なやり方らしい。

 

俺っていつもこう。

完成されたものを目の当たりにしたら、いきなりそこを目指します!みたいな。

 

物事には順序ってもんがある。

前回書いた「回転」という概念ともここはかぶるかもしれんけども、まずせなんことが目の前に必ずあるはずなんだよね、物事ってのは。

それをコツコツと繰り返した結果が、今見てる「完成」なわけで、しかもその「完成」のポジションに自分が来た時に、まだまだ先があることに気付くわけで。

未熟な段階で見てた「完成」というポジションから更にその向こう側まで歩いてって、そこで出会ったものを受け入れて。

 

今の地球ってのはその繰り返しで出来上がってるんだと思うわけですよ。

 

 

話が逸れすぎた。

ギターソロの話だ。

 

目の前にあることを律儀にこなすということ。丁寧に弾いて、リズムに乗って、もうたくさんだと思ってからのアドリブ。

そういうことがわかっただけで俺は一歩前進じゃ。

 

楽しい。

 

あと2日で怒涛の21連勤が終わるぜ。

 

海に行こうと思うね。

 

では、また。


このページの先頭へ
buy cialis cheap viagra xanax