ホーム » 店長ブログ

店長ブログ

2020年 02月 14日

ツイッター見てると、旦那と義母の超絶悪口を書いてフォロワーを獲得してるアカとかがけでこうあるみたいですね

でもね、これ逆に嫁さんの文句言うて盛り上がってるアカウントって、なかなか見ないんですよね

やっぱ男尊女卑をまざまざと感じられるシチュエーションにこそ、他人は燃えるのでしょうな

僕からすると、モラハラやDVの夫の気が知れませんけどね

これから何十年もおそらく死ぬまで一緒に暮らしていく元他人を、そこまで支配してしまうのって、危険じゃないすか

自分が崩壊しそうで

私物化してしまうあまり、正統なコミュニケーションの取り方がわからなくなってしまいそうな気がするんですな

そうなるのが怖いので、奥さんをきちんと大切にして(るつもり)ます

そうすっと、やっぱ向こうも自然に優しくせざるを得ないじゃないですか

夫婦なんてね、惚れた晴れたじゃないんだから、お互いそこを理解した上でどうしたら互いに幸せかってのを明らかにしとくべきだと、僕は思うです

旦那の悪口をSNSに書かないで済むようになるといいですね

2020年 02月 11日

ここ最近筋トレやってます

けど、食事まで制限するようなバキバキなものではありません

あくまで趣味程度のものです

けれど、これまで生きてきた40年のうちで、1番良い身体してますよ!

プロテインや生卵や味気のない鶏肉や、そういうのを食べてまで身体を作るのは苦痛なんじゃないかなと思ってたんですが、ボディビルダーのインタビュー聞いて考えが変わりました

彼らは、腕や脚に筋肉という名のペットを飼っているんだそうです、愛する家族なんだそうです

その家族に栄養のあるご飯を与えるのは、自分の口からしかできないとのこと

そう考えればプロテインや生卵を食べるのも喜びに変わるんだそうです

マジに眼から鱗でした

何事も考え方次第なんだなと心から思いました

かといって僕がプロテインや生卵食べたりはしないですけどね

苦しい時に思い出したいエピソードですので、皆さんにも知ってもらいたくてブログに書いた次第でございます

では、また

2020年 02月 10日

Googleのグルメサイトに星やコメントが付くと僕にお知らせのメールが来るようになってるんですが、最近よく通知をいただきます

星5つや、「タレが最高だ!」などのコメントです

いやもうほんと、ありがたい限りです

返信できるように設定して1人1人にお礼言いたいくらい嬉しいです、でもそんなわけにもいかないのでブログにてお礼申し上げます

だって、何てったって、Googleで星やコメント付けようとすると、ログインしたりせないかんのですよ

けっこうめんどくさい

そうまでして欲しい付けたかったってことですよね?

いやほんと、マジに嬉しいです

明日も頑張ろうと思います

少しでも丁寧に肉切りたいと思います

そのために包丁研ごうと思います

声を一回り大きく出そうと思います

精進しますんで、今後ともよろしゅーおねがいいたします

では、また

2020年 02月 08日

今日は、橋本環奈ちゃんが食べに来てくれた、夢を見ました

常連って設定でした、たまらんっす

2020 2/6

2020年 02月 07日

本を読みながら音楽を聴きます
YouTubeで「読書 BGM」で検索すると、当たり障りのないジャズやボサノバが流れてきます
僕は少しギターを弾くので、ジャズやボサノバがどれくらい難しいのかわかるのですが、ずいぶん難しいですよ
でも、簡単に無料で何時間もその音楽を流せるんですよね
しかも読書のBGMとして、聴いてるかどうかもよくわからんような贅沢な状態で
職人級の腕前のミュージシャンが頑張って演奏してレコーディングしたものを
罪深いですね
考えてみれば何でもそうですね
車もテレビもエアコンも
理屈や経路はよくわからないけれど、恐ろしく便利な道具が作られて身の回りに存在してくれている
そしてそれはあまりにも安価で手に入れられる
なんか、どうなんでしょうかね、こういうのって
上手く言えないけれど、時々怖くなっちゃいます
便利さに支配されてしまいそうで
便利さを失わないために、それにしがみつくために仕事してるって人けっこう多いと思います、知らず知らずのうちに
それって幸福とは言えないでしょ
便利さに支配されないコツは「当たり前」と思わないことだと、僕は思います
当たり前と思ってしまうところから間違いが始まるように思います
どんどん横着になっていくと思います
すると謙虚さがなくなっていくと思います
すると感謝をしなくなっていくと思います
すると争いが起こるんだと思います
けれど多くの人がそんなことわかってないと思います
僕はなるだけ「多くの人」の中には入らないようにしとこうと思います
では、また
本を読みながら音楽を聴きます
YouTubeで「読書 BGM」で検索すると、当たり障りのないジャズやボサノバが流れてきます
僕は少しギターを弾くので、ジャズやボサノバがどれくらい難しいのかわかるのですが、ずいぶん難しいですよ
でも、簡単に無料で何時間もその音楽を流せるんですよね
しかも読書のBGMとして、聴いてるかどうかもよくわからんような贅沢な状態で
職人級の腕前のミュージシャンが頑張って演奏してレコーディングしたものを
罪深いですね
考えてみれば何でもそうですね
車もテレビもエアコンも
理屈や経路はよくわからないけれど、恐ろしく便利な道具が作られて身の回りに存在してくれている
そしてそれはあまりにも安価で手に入れられる
なんか、どうなんでしょうかね、こういうのって
上手く言えないけれど、時々怖くなっちゃいます
便利さに支配されてしまいそうで
便利さを失わないために、それにしがみつくために仕事してるって人けっこう多いと思います、知らず知らずのうちに
それって幸福とは言えないでしょ
便利さに支配されないコツは「当たり前」と思わないことだと、僕は思います
当たり前と思ってしまうところから間違いが始まるように思います
どんどん横着になっていくと思います
すると謙虚さがなくなっていくと思います
すると感謝をしなくなっていくと思います
すると争いが起こるんだと思います
けれど多くの人がそんなことわかってないと思います
僕はなるだけ「多くの人」の中には入らないようにしとこうと思います
では、また

このページの先頭へ
buy cialis cheap viagra xanax